サイト内 を検索 WWW を検索
高知県スカッシュバレー連盟
  ホーム  ≫ はじめに ≫ スカッシュバレーとは
 はじめに



スカッシュバレーとは


 バドミントンのダブルスコートと高さ2mのネットで、柔らかい専用ボールを使ってプレーするバレーボールです。
 3対3の合計6名でゲームを行いますが、必ず1人1回はボールに触れ、合計3回で返球しなければならないというルールがとても運動になり楽しいと、スカッシュバレー愛好家は年々増えています。

 一般的なバレーボールと比べて、極端に違ったルールは以下のとおりです。


 ○3人が1回づつボールに触って、絶対3回で相手コートに返さなくてはいけない。
 ○サーブはした手サーブ(アンダーサーブ)のみ
  上からはもちろん、横から打っても横打ちというファールになる。
 ○サーブは決められたところから打つ。(コート内)


 これ以外の細かいルール等はルールブックをご覧下さい。
 個人が作ったスカッシュバレーの手引き(エクセル)もあります。


 このスポーツは高知県発祥の生涯スポーツで、1985年頃、高知県安芸郡田野町で当時の派遣スポーツ主事(濱田公先生が中心)等が3人でバレーボールの廃ボールを焼却していた時、ボールが破れて中身の黒いチューブが出ているのを見て「このチューブのボールで何かスポーツが出来ないだろうか?」と考えたのが誕生のきっかけだったそうです。
 その当時、田野町の体育館はとても狭く、バトミントンのコートしかありませんでした。そこで3人程度で出来るスポーツで「いつでも・どこでも・誰でも」をキャッチフレーズに考えられたのがスカッシュバレーです。
 スカッシュバレーの名称については、このスポーツの基本ルールである3人がそれぞれ1度づつボールに触れて相手コートに返さなくてはならず、疲れる。けれどもチーム全員がゲームに参加して「スカッ」と「フレッシュ」になると云う事で、後に名付けられたそうです。


  ホーム  ≫ はじめに ≫ スカッシュバレーとは


   スカッシュバレーとは
   ルールブック
   連盟とは
 行事予定
   大会予定
   サイトへの掲載依頼
   審判講習会
 大会結果
   最新年度
   過去の大会
   動画
 連盟より
   お知らせ
   メールマガジン
   Q&A
 OTHER
   お問い合わせ
   免責事項
   チーム紹介・募集